スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
静岡ランドスケープ・熱海編No.4
カテゴリ: ランドスケープ遠征編
静岡ランドスケープ・熱海編No.4 ~熱海路地探訪~

表通りには(言葉が悪いですが・・・)商売っ気の多い店が並びます。
しかし、熱海には小さな路地もたくさんあります。

 熱海の路地1

そして、路地には昭和の雰囲気漂う店に混じって今様の洒落た店もあります。
この食事処の奥にある店もとてもお洒落な店で大人気のようでした。
昭和フリークでなくとも躊躇なく路地に入って探検するのがオススメです。

 熱海の路地2

トキワホール前の路地。
袋小路に見えますが、奥は左側に抜けられます。

 熱海の路地3

仲見世入口付近。
バラック様の建物がごちゃごちゃと並んでいます。
右に見えるラーメン屋はかなりの人気店。
うーん、行列できてた・・・orz。

 熱海の路地4

熱海銀座付近の路地。
このあたりは繁華街でお洒落な店も多いです。
街全体にバロック音楽が流れていました。
イタリアバロックの巨匠、アルカンジェロ・コレッリの作品かな、たぶん。
コレッリの曲はとても明るくあか抜けた感じがするものですが・・・
・・・人もまばらなこの街ではそれが逆に妙な寂しさを演出しています。

       熱海の路地5

同じく熱海銀座付近。
女性が奥のビルの玄関へと消えていきます。

 熱海の路地6

坂に面して建つ廃ホテル。
褪色したコンクリートと真っ赤に錆びた鉄筋。
熱海にはいたるところにそんな廃ビルがあります。

       熱海の路地7

左の建物は木造3階建てで元旅館だったと思われます。
右手のビル群では解体や改築工事が行なわれています。
熱海も新陳代謝を経てうまれかわろうとしているようです。

 熱海の路地8

坂道を上ると朽ちた廃屋がありました。
傍らの極太の鉄管がここが温泉地であることを物語ります。

 熱海の路地9

そこにあったホーロー看板。
『NEC通信機』に時代を感じます。
やはりホーロー看板はあるべきところにあるべきです。

30そこそこの若造が昭和を語るのも毎度生意気だと思うのです・・・><
ホント申し訳ないです。
でも、最近のレトロ調居酒屋や喫茶に感じるそこはかとない違和感。
ホーロー看板やレトロなグッズがこれみよがしに飾られています。
でも、それらは時代背景も場所もすべて淘汰して寄せ集められたものです。
いくらそれをレトロ調に飾っても、それでは絵になりません。
なんちゃってレトロはあくまで「なんちゃって」なのかな、って思うのです。

◆23日の走行距離 0㎞
◆02月の走行距離 455.7㎞
◆09年の走行距離 965.2㎞
◆総走行距離    4027.0㎞
◆杉山神社参拝数 10社/70社(残り60社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
編集 / 2009.02.23 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
静岡ランドスケープ・熱海編No.3
カテゴリ: ランドスケープ遠征編
静岡ランドスケープ・熱海編No.3 ~熱海銀座~

熱海は古くからの温泉地として、芸妓さんの数も全国有数です。

 熱海11

『熱海芸妓見番(あたみ・げいぎ・けんばん)』
演舞場、そして芸妓さんの稽古場として使われています。

 熱海12

毎週土曜日には公開される『華の舞』。
芸妓さんの演舞と顔見せがなされます。
1200円程度で気軽に楽しめるようです(熱海芸妓組合HPによる)。
今日は休業・・・orz
芸妓さん達の稽古日なのでしょうか?
ここで、ようやく訪問日が月曜日なことを後悔します・・・。

とらと~らと~らとら~♪とらと~らと~らとら~♪
金比羅ふねふね、おいてに帆かけてシュラシュシュシュ~♪

ちなみに、私は芸者(お茶屋)遊びなんてしたこともない身分ですが、何か?

 熱海13

熱海銀座付近のレトロな薬局。
東京からのお客を意識したのでしょうか?
「東京モノになめられないように・・・」
との意気込みで
『東京薬局』
・・・昭和フリークとしては最高にカッコイイと思います。

 熱海14

熱海銀座にある『ロマンス座』
ウハー!
超カッコイイじゃないですか!?コレ!!
あー、ココも月曜休業・・・orz
・・・観たかったな・・・。

 熱海15

同じく熱海銀座にある『熱海銀座劇場』
キタキタ!キタコレ!(゜∀゜)
男は黙って『ピンクショー』
温泉地=ストリップ劇場、これが昭和の方程式。
・・・月曜休業・・・orz

もうね、月曜日はどこもやってません。

 熱海16

海岸沿いにあった飲み屋が入る小さなビル。
何気なく左の入口を覗きます・・・。

 熱海17

小さな飲食店がならぶ小路がありました。
大井町の東小路飲食店街みたいです。

 熱海18

陰鬱な空気が流れています。
なかなかディープです。

 熱海19

『渚浴場』
小路入口の傍らにありました。
めちゃめちゃ小さいですが・・・
温泉浴場でしょうか?

 熱海20

超限定的な営業時間です。
『入店ストップ』って・・・笑
ここの周囲にはソープやピンサロもある歓楽街です。
もしココもソープランドだったら・・・
うーん、発見した私はノーベル賞ものでしょう。

でも、帰って調べるとやっぱり温泉浴場でした・・・(;´∀`)
ノーベル賞ならず・・・
でも、ここ入りに来たいなぁー。

◆22日の走行距離 0㎞
◆02月の走行距離 455.7㎞
◆09年の走行距離 965.2㎞
◆総走行距離    4027.0㎞
◆杉山神社参拝数 10社/70社(残り60社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.22 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
静岡ランドスケープ・熱海編No.2
カテゴリ: ランドスケープ遠征編
静岡ランドスケープ・熱海編No.2 ~坂の温泉町~

熱海は坂の街です。
『平和通り名店街』を下っていきましょう。

 熱海1

アーケード商店街はかなり賑わっています。
でも、ひょっとしたら通るだけのお客が多いかも知れません。

 熱海2

・・・出たよ、コレ笑
昭和の観光地を象徴する写真ポイント。
穴から顔を出して・・・
あなたと私で貫一お宮。(尾崎紅葉『金色夜叉』)
貫一がお宮を蹴り飛ばす熱海のシーンですなぁー・・・。
足の先にも穴があるのがイイ!(・∀・)/

 熱海3

『仲見世通り』
平和通りのほうが人が多いかな・・・

 熱海4

そんな仲見世通りの昭和42年の風景。
実際行くと、あんまり変わってなかったりします。
右側に映っている車がスゴイけど・・・笑
平和通りも仲見世通りも同じ幹線道路に突き当たります。
さて、その道路を下っていきます。

 熱海5

道路で天日干しされてます。
その脇をバスがすごい黒煙をあげて登っていきます。
・・・私は遠慮しておきます・・・(;´∀`)笑

 熱海6

坂の途中にあった謎の階段。
2階から上の建物がありません。
何が彼をそうさせたのでしょうか?

 熱海7

道路の両脇は貸し店舗ばかりです。
見事な寂れっぷりです。
しかしさぁー、この案内図の下段に写っている
スナック『くろんぼ』、喫茶『くろんぼ』
昭和の時代は許されていた名前なんだろうと思います。

 熱海8

どこもかしこもすごい坂です。
この街では自転車もいささか機動性を失うでしょう。
坂好きにはたまらんかも知れません。

 熱海9

ちょっと見づらいですが・・・
『ニューフジヤホテル特選舶来品コーナー』
・・・舶来品って言葉が生き残ってます・・・(;´∀`)
「おっ?洋行帰りだね?」
そんな言葉も通じそうです。

 熱海10

熱海のマンホール。
温泉マーク&熱海梅祭りを象ってあります。

◆20日の走行距離 28.1㎞(自転車通勤)
◆02月の走行距離 425.7㎞
◆09年の走行距離 935.2㎞
◆総走行距離    3997.0㎞
◆杉山神社参拝数 10社/70社(残り60社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.20 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
静岡ランドスケープ・熱海編No.1
カテゴリ: ランドスケープ遠征編
静岡ランドスケープ・熱海編No.1 ~熱海駅デパート~

静岡ランドスケープ。
浜松編に続いて熱海編。
新婚旅行や社員旅行のメッカとして繁栄を極めた熱海。
そんな昭和の大観光地の現在の寂れっぷり奮闘する姿をご覧下さい。

駅に隣接する熱海駅デパート。

 熱海駅前デパート1

1階は土産物売り場、中2階、2階は飲食店街です。
『旅の思い出を売る
うーん、観光産業丸出しのコピー・・・笑
『旅の思い出をどうぞ』
くらいのほうがイイような気もします・・・(;´∀`)

 熱海駅前デパート2

月曜日でもご覧の人通り。
なかなか賑わっています。
この時点で月曜日だから後悔することになるとは全く考えていません・・・><

 熱海駅前デパート3

温泉まんじゅう屋。
温泉土産のオーソリティーです。
いたるところにあります。
実は東京で作ってたりするんでしょうか・・・。
こういうものって同じものが草津では草津名物、熱海では熱海名物になってたりするかも・・・
思わず、そんな邪推を働かせてしまいます・・・orz

 熱海駅前デパート4

かなり盛況です。
年齢層は相当高め。
町内会、商工会、老人会などの旅行でしょうか?
でも、意外とチラホラと大学生のような人達もいます。

 熱海駅前デパート5

食堂街へ行ってみましょう。

 熱海駅前デパート6

昭和レトロな食堂街の雰囲気です。
お座敷も団体客を意識したものかな・・・。

 熱海駅前デパート7

ちょうどお昼ですが、見事な寂れっぷりです。
下の土産物コーナーにいた客も2階にはあまり来ないようです。
昭和の悪しき観光地クオリティを維持してしまったのでしょうか?
うーん、パっと見た感じでは私にはそうは思えませんでしたが・・・
食堂街の動線設計が悪いのかも知れません。
とにかく、店のおばちゃんの客引きの声だけがむなしく響きます。

 熱海駅前デパート8

昭和年製と思われる食品サンプルのディスプレイ。
ポスターのアイスコーヒーに浮かぶ缶詰のチェリーがイイね。

 熱海駅前デパート9

芸妓(芸者・芸子)さんがいました。
熱海芸妓組合によると、熱海は芸妓さんの数で日本最多を誇るそうです。
その数約250人、芸妓さんが所属する置屋も100以上あるみたいです。
さすが昭和の一大観光地・・・。

さて、坂を下って街のほうへ行ってみます。

◆19日の走行距離 28.1㎞(自転車通勤)
◆02月の走行距離 397.6㎞
◆09年の走行距離 907.1㎞
◆総走行距離    3940.8㎞ 
◆杉山神社参拝数 10社/70社(残り60社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.19 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
静岡ランドスケープ・浜松編No3
カテゴリ: ランドスケープ遠征編
静岡ランドスケープ・浜松編No.3 ~ブルース溢れるサッポロ街~

駅の北側は再開発されたようです。
なんちゃってレトロな『べんがら横丁』があります。
本当になんちゃってレトロってどこがいいのかわかりません・・・><

 浜松23

『田町ランプ横丁』の奥からのショット。
この横丁は入口から途中までがリニューアルされていました。
火事でもあったのでしょうか?
横丁の奥の数件はおそらく旧来のものでしょう。

 浜松24

レコード店『富田レコード店』
やはり日曜休業。
隣にある公衆便所の放つオーラに圧倒されます。
駅北側はそれでも小奇麗な感じです。
南側の『サザンクロス』隣にあった『サッポロ街』に行ってみます。

        浜松サッポロ街1

『サッポロ街』
浜松なのにサッポロ街とはこれ如何に?
サッポロビール関連でしょうか・・・。

 浜松サッポロ街2

日曜なだけに飲み屋街には見事に人がいません。
やっている店は1軒もありません。
近所のオヤジ達が一杯やっていてもよさそうなんですが・・・
立石なら確実にごったがえしてるはず・・・大丈夫か、浜松・・・。

 浜松サッポロ街3

喫茶バー『初』
純喫茶を意識したのでしょう。
「うちは昔ながらに酒類も提供する喫茶ですよ」

 浜松サッポロ街4

行灯タイプの袖看板。
枠が木製なのがすごいね。
昭和フリークとして勝手に重要文化財に指定しておきます。

 浜松サッポロ街5

タイ料理の店『ニーナ、らんらう、LAKSI・・・』
もはやどれが屋号か判別不能です。

 浜松サッポロ街6

アーケードの上は開放されています。
遠州灘からの強風にあおられてあちこちでカラカラと音をたてるトタンと骨組み。
無人のこの空間にそんな音だけがこだまします。

 浜松サッポロ街7

すでに無いような店の屋号まであります。
昔はもっと賑やかだったのでしょうか。

 浜松サッポロ街8

旅館『山水』
サッポロ街の奥にたたずんでいました。
普通の旅館です、たぶん・・・。

浜松サッポロ街9

サロン『赤い靴』
サッポロ街のすぐ隣にある場末感満点のピンサロ。
営業している気配がありません。

サッポロ街。
浜松にいながらブルース溢れる北の街の雰囲気が漂う街です。

◆12日の走行距離 27.9㎞(自転車通勤)
◆02月の走行距離 283.9㎞
◆09年の走行距離 793.4㎞
◆総走行距離    3855.2㎞ 
◆杉山神社参拝数 7社/70社(残り63社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Apollo Graffitti

Author:Apollo Graffitti
誕生 1975年
性別 ♂
愛車 ルイガノBART-XC
    「横濱ハイカラ號」
現在 横浜でゆるりとちゃりしてます
参加 ブログランキング・にほんブログ村へ
    
にほんブログ村 自転車ブログへ
    

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。