スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
東京ランドスケープ・新宿編
カテゴリ: 東京ランドスケープ
東京ランドスケープ・新宿編 ~待ってろ!つるかめ食堂~

先日、新宿の思い出横丁に行ってきました。
実はここにある『つるかめ食堂』がお目当てです。
まぁ、なんともエキセントリックな食堂があるらしい。
うーん、やはりイチオウ場末フリークを目指す身・・・
ビシーッと対決しなければならない、たぶん。
そんな訳で新宿へ。
・・・ところがなんともお粗末な結果に・・・orz

       新宿1


『思い出横丁』
かつては『ションベン横丁』、略して『ション横』と呼ばれていたそうです。
うーん、そっちのほうがイイ!(・∀・)/笑
以降は慣れなれしく『ション横』を使います。
戦後の闇市が起源なので、駅から徒歩1分くらいのところにあります。

 新宿2

うなぎ屋。
ちと名前失念してしまいました><
イイ香りが漂っています。
・・・店の中では、おっちゃん達が酒かっくらっています。
そんな光景にも慣れてきました・・・(;´∀`)

 新宿3

焼き鳥『ひなどり』
3店舗くらいあります。
ション横のニューカマーでしょうか?
最初に出てきた『うなぎ屋』、ラーメン&餃子『岐阜屋』、そしてこの『ひな鳥』
このあたりは昼間っから営業中で、堂々と飲めてしまうのです。

 新宿4

同じく『ひな鳥』
中国系と思しき店員から
『ドウゾ』
と何度か声がかかります。
うーん、ここはちょんの間か・・・笑

 新宿5

右のシャッターが下りているのが『つるかめ食堂』
やってない・・・orz
真っ昼間なんですけど・・・やる気あんのかな・・・(;´∀`)
「開店時間が遅い」って情報もあったんで15時まで粘るが断念・・・。

 新宿6

ション横の隣の焼き鳥横丁。

 新宿7

アルコホルとアンモニアと木酢液の混じったようなすごいにおい><
さすが、ション横・・・。
そんなにおいが街に染み付いています。
いや、ホントすごい。

 新宿8

でも、なんとなく憎めないです、ココ。
実際、表通り避けてわざわざション横を通る人もいるのです。
そして、意外に欧米系の外国人が多いのに驚きました!
ガイドブックに載ってたりするんでしょうか?

不完全燃焼で終わって申し訳ないです><
うーん、でも今回は下見ってことで・・・(;´∀`)
もちろん、リベンジしますよ!
待ってろ!『つるかめ食堂』!

◆06日の走行距離 0㎞(電車通勤)
◆07日の走行距離 28.0㎞(自転車通勤)
◆03月の走行距離 57.4㎞
◆09年の走行距離 1174.7㎞
◆総走行距離    4136.5㎞ 
◆杉山神社参拝数 12社/70社(残り58社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト
編集 / 2009.03.07 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
東京ランドスケープ・下北沢編No.2
カテゴリ: 東京ランドスケープ
東京ランドスケープ・下北沢編No.2 ~若者の街を行く~

下北沢は若者の街でもあります。

 下北沢1

路地のそこここにある古着屋。
ちょっとした古着屋銀座です。

       下北沢2

袋小路の奥にあった雑貨屋(?)への階段。
占い屋とかネイル屋、ピアス屋など若者向けの店が多いです。

 下北沢3

スタジオ『本多スタジオ』
本多劇場系列の貸しスタジオ。

       下北沢4

劇場やライブハウスが多くて、若者アートの街という感じです。
でも、残念ながら『落書禁止』の文字が見えます。
実際、街中の壁に異様なまでに多く見受けられる心ないスプレーの落書き。
それらは魂のメッセージでもアートでもありません。
ただのゴミです。

 下北沢5

『本多劇場』
中では劇団員の方達でしょうか?
踊りの稽古の真っ最中のようです。

 下北沢6

三軒入りのスナック。
茶沢通りに面してあります。

 下北沢7

『ザ・スズナリ』
ここも本多劇場系列の劇場。
一階はスナックが入る『鈴なり横丁』

 下北沢8

雰囲気あります。

 下北沢9

本当にスナックが鈴なりに並んでいるのですね。

       下北沢10

住宅地のとある路地にて。
庭にポツンと置かれた街路灯が何とも奇妙です。

下北沢は圧倒的に若者が多いでした。
カップルなら一日中遊園地感覚で楽しめると思います。
そんな中で、かすかに残った昭和な雰囲気。
それも、駅ビルの工事の完成とともにやがて消えてしまうことでしょう。

◆03日の走行距離 0㎞(雪の予報ですけど!?)
◆03月の走行距離 29.4㎞
◆09年の走行距離 1146.7㎞
◆総走行距離    4108.5㎞
◆杉山神社参拝数 11社/70社(残り59社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.03.03 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
東京ランドスケープ・下北沢編No.1
カテゴリ: 東京ランドスケープ
東京ランドスケープ・下北沢編No.1 ~下北沢マーケット街~

02月の走行距離やら杉山神社の紹介やら・・・
なんかいろいろ記事たまってるんですが・・・(;´∀`)
あえて、シカトして東京ランドスケープ・下北沢編。
新宿、渋谷から電車で約15分。
都心に至近ながらも新旧の街並みが交錯する下北沢。
そして、ここは若者の街だったりもします。

       下北沢マーケット1

そんな下北沢の駅西口に広がる下北沢マーケット街(?)。
真新しい靴屋のとなりにぽっかりと口を開けていました。

 下北沢マーケット2

市場的な雰囲気が漂います。
右側は額縁屋。
しかし、日曜だからかあまり活気はありません。

 下北沢マーケット3

すぐ隣は小田急の下北沢駅では地下化工事が始まっていました。
このマーケットもいずれ解体されてしまうのでしょう。

 下北沢マーケット4

『メージンスポーツ』
お婆さんが切り盛りするスポーツ用品店。

 下北沢マーケット5

衣料品を扱う店が圧倒的に多いようです。

       下北沢マーケット6

往来と通行人。

 下北沢マーケット7

『小松』のレタリングがイイね。
シャッターを下ろした店が多いです。

 下北沢マーケット8

現役です。
美しいなぁ・・・。

 下北沢マーケット9

人通りはあります。
自転車の子どももご覧のとおり。
地元の方に親しまれているようです。

 下北沢マーケット10

立ち呑み屋。
煮込みの仕込みをやっていました。

 下北沢マーケット11

わかりますか?
左下の『ヘアネット令女』
・・・激シブ。
思わずアップ撮り忘れ・・・。
痛恨のミス><
反省文ものでしょ、これ。
そして、失意のピンボケ・・・orz
はい、いずれレポート再提出します。

 下北沢マーケット12

ネコになった気分。

       下北沢マーケット13

ビニールシート張りの飲み屋がありました。
でも、若い人がリニューアルして使っているみたいです。

 下北沢マーケット14

そんな飲み屋のかつての姿を物語るファサード。
辛うじて駅の階段窓からながめることができました。
うーん、日本一の安さの立ち呑み。
スゴイね。

◆01日の走行距離 0㎞
◆03月の走行距離 0㎞
◆09年の走行距離 1117.3㎞
◆総走行距離    4079.1㎞
◆杉山神社参拝数 11社/70社(残り59社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.03.01 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
東京ランドスケープ・北千住編No.2
カテゴリ: 東京ランドスケープ
東京ランドスケープ・北千住編No.2 ~ハンドメイドの粋なやつ~

踏み切りで越えて駅の西側へ。
この踏み切りは開かずの踏み切りってやつです。
平日の朝なんかすごいことになっていると思います。
確かに、歩行者や自転車には地下通路や跨線橋を1つ作れば解決します。
しかし、救急車や消防車などの緊急車輌も足止めされることを考えると、
「再開発もやむをえない」
という気もわからないでもありません。

 北千住11

『千住仲町』のバス停。
控えめに壁に寄り添っていました。
狭い道路にバス停が鎮座するのは邪魔になります。
何事も助け合うのが下町流。

 北千住12
 
フルーツ『ささき』
開店時には色とりどりのくだものが飾るであろう店先。
閉店時にはブラックユーモアなセンス溢れる『赤ずきんちゃん』。
ハンドメイドの粋なその画は行きかう人の目をひいていました。

 北千住13

駅にごく近いところはおきまりの駅ビル。
その周囲に繁華街が広がります。

 北千住14

立呑処『天七』
土曜日の15時すぎですが、満員御礼の盛況ぶり。
アサヒビールの旧ロゴが入った暖簾。
それがコンサバ系正統飲み屋であることの証左です。

 北千住15

筮竹(ぜいちく)占家『芳賀』
あの細い竹の棒をじゃらじゃらやって占う易者さんでしょうか?
貼り紙の下半分が剥離して意味不明なことになっています。

 北千住16

元気の出る酒場『寿(じゅ)』
ココロの隙間をうめてくれそうなこの店。
しかし、それはきっと一過性のものなのでしょう。

 北千住17

こんな狭い路地との出会いも一期一会です。
次に来たときは更地になっているかも知れません。
躊躇なく入っていきましょう。

 北千住18
 
路地は下町の住宅の軒をかすめて奥へ続きます。
ようやく大きめの通りが見えてきました。
こんな味わいのある路地がたくさんあります。

 北千住19

こちらの路地にはソープランド『キング』
電球が2列にならんだ転がし看板が場末感を際立たせていました。

◆02日の走行距離 28.7㎞(自転車通勤)
◆03日の走行距離 27.7㎞(自転車通勤)
◆04日の走行距離 27.2㎞(自転車通勤)
◆02月の走行距離 110.4㎞
◆09年の走行距離 619.9㎞
◆総走行距離    3681.7㎞ 
◆杉山神社参拝数 7社/70社(残り63社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.04 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
東京ランドスケープ・北千住編No.1
カテゴリ: 東京ランドスケープ
東京ランドスケープ・北千住編No.1 

さてさて、写真のない記事が続きました。
私の下手っぴな場末風景の写真も
「枯れ木も山の賑わい」
ってコトで・・・(;´∀`)
ランドスケープシリーズのupです。

東京ランドスケープ。
立石に続き北千住をうろつきます。
北千住駅到着。

 北千住1

モダンな駅ビルになっています。
最近はアミューズメント性を兼ね備えた駅が多いですね。
アパレルやスイーツの店、ネイルサロン、ワインバー、カフェ等を誘致、
駅自体が1つのテーマパーク化しています。
しかも、それらを都市工学に基づいた合理的な動線設計が裏づけします。

 北千住2

駅前も広くはないものの整然とした現代の商店街になっています。
「うーん、つまらない街ですねー、撤収!」
なんて思ってはいけません。
こういう街から昭和を探しだすのが真の場末フリーク。
そうそう昭和なんて残ってないのが普通なのです。
ちなみに今年(2009年)は昭和84年だそうです・・・笑

 北千住3

サイクルショップ『WING』(だったかな?)
スポーツ自転車屋。
ルイガノを多く扱っていました。
「おぉー!自転車屋ー!」で終わってはいけません。
店の前に目をやると・・・
ルイガノのダンボールと江戸前のりのダンボールのデュエット。
探せばちゃんとあるじゃないですか笑
ここが下町だと感じさせられます。
まさに自転車海苔(乗り)。
・・・ってかもうギャグはイイって・・・(;´∀`)

 北千住4

『粟城書店』
おばあちゃんが店番するノスタルジックな書店。

 北千住5

『小松澤米店』
※(コメ印)が米屋のオーソリティーの何たるかを主張します。

 北千住6

『アポロ美容室』の看板。
シンクロする名前に思わず欣喜雀躍。
シャビィーなルックスにもシンパシーを感じずにはいられません。

 北千住7

『純喫茶セーヌ』と『居酒屋やすらぎ』の並び。
夏になれば見事なツタのファサードが店を飾るのでしょう。

 北千住8

見事な破風をもつ、銭湯『梅の湯』
リフォーム後もデザインは踏襲されたのでしょう。
味気ないプレハブ風の入口にしなかったご主人に拍手喝采です。
下町では経済的合理性よりも人情にインセンティブがあってほしいものです。
この他にも2、3軒の銭湯がありました。
まだまだ雰囲気のイイ銭湯がたくさんありそうです。

 北千住9

麻雀『あらき』
ニヒルなその雀荘は路地裏にひっそりとありました。

 北千住10

『サカイリ千住商店街』
アーケードだけがここが昭和の商店街だったことを物語ります。
広い空の下には再開発予定地がひろがり、大学のキャンパスになるようです。
昭和を生きた商店街はひっそりとその役目を終えようとしていました。

◆01日の走行距離 26.8㎞(自転車通勤)
◆02月の走行距離 26.8㎞
◆09年の走行距離 536.3㎞
◆総走行距離    3598.1㎞ 
◆杉山神社参拝数 7社/70社(残り63社)
※杉山神社はレポートをupした時に参拝数にカウントします

ありがとうございます♪
にほんブログ村 自転車ブログへ
編集 / 2009.02.01 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Apollo Graffitti

Author:Apollo Graffitti
誕生 1975年
性別 ♂
愛車 ルイガノBART-XC
    「横濱ハイカラ號」
現在 横浜でゆるりとちゃりしてます
参加 ブログランキング・にほんブログ村へ
    
にほんブログ村 自転車ブログへ
    

最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。